家電リサイクル法という法律

このサイトでは、家電を通信販売で購入した際には、「家電リサイクル法」がどのような影響を与えてくるのか、それに対する対応策などは存在するのか、といったことなどを解説していくことを目的としています。
家電製品の製造、販売、購入のすべての行程に関わってくるのが通称「家電リサイクル法」です。
この法律は平成10年に施行されてからというもの、一般社会にもだいぶ認知されてきましたが、それでも、これから社会生活をスタートさせたり、一人暮らしを始めるような世代は、家電を購入するという経験がほとんど無いがゆえに、馴染みの薄いことかもしれません。
しかしこの法律は、現代の日本において、家電を購入するにあたっては避けることのできない法律と言ってもいいものなので、ぜひともこのサイトで、改めて学んでいただければと思います。
また、インターネットの発達・普及により、通信販売で家電を購入するという機会も増えてきました。
テレビショッピングなどでの家電販売は昔からありましたが、現代ではネットショッピングだと「オンラインストア特典」などの特典を付けている家電メーカーも多いので、通販における家電リサイクル法との関連も、見逃すことはできません。
1ページ目では家電リサイクル法自体の概要、2ページ目では家庭への具体的な影響、最後のページでは有効な対応、の順で解説していきたいと思います。
このサイトで、私たちの生活にも浸透しているこの「家電リサイクル法」について、知識を深めて頂ければ幸いです。

家電リサイクル法と家電購入の関係

最初のこの1ページ目では、「家電リサイクル法」という法律について、その概要を解説していきたいと思います。 私たちの生活に、既に避けることができないくらい浸透している法律であるということを、ご理解いただくことで、これからのページを読む上での基礎知識として戴ければと思います。

家電購入時の具体的な影響

2番目のこのページにおいては、先の項でその具体的法律内容について触れた「家電リサイクル法」が、わたしたちの家庭生活にどういった影響を与えてくるのか、というより実感的な部分について解説していきたいと思います。 また、家電リサイクル法で生じた新しい問題も解説します。

効果的な対応などを知っておこう

最後のこの3ページ目においては、私たちが家電をネットショップで購入した際、あるいは逆に、家電を廃棄する際、家電リサイクル法に基づいて廃棄や購入をするわけですが、どのような部分に気をつけて対応していけばよいのか、という部分を解説していきたいと思います。

▲ページTOPへ戻る