効果的な対応などを知っておこう

購入時に考えておきたいこと

基本的には、今までの「家電リサイクル法」を解説してきた中で「特に重要」としたことを踏まえていただくことが大事となってきます。
ネットショップの場合、料金が記載されている部分にリサイクル料金が加算されているかどうかをきちんと確認しておきましょう。
特にネットショップの場合は店舗に行かないで家電を買うことになるので、その家電を廃棄する場合、購入したネットショップの「実店舗」が、その家電を運んで持ち込めるような場所にあるのかどうかを確認しておくと、いざ廃棄する時にも安心です。
特にネットショップでは「インターネット上だけの店舗」「通販オンリー」というパターンも見受けられますので、先に注意しておくことが大事ですね。

家電廃棄時に、気を付けておきたいこと

廃棄する際に注意しておきたいことも、今まで解説してきた様々なことの総まとめとして解説することができます。
まず、前払いでリサイクル料金を支払っているなら、廃棄する場合は購入したお店の実店舗に持ち込んで廃棄するのが一番手っ取り早いと言えます。
通える範囲に実店舗が無い場合などは、後払いの形でリサイクル券を購入することになります。
しかし、先の項でも触れたように、現在の世の中には「ご家庭で不要になった家電などを無料で回収します…」などとスピーカーで流しながら、しれっと回収してしまう「違法回収業者」がたくさんそんざいしていますので、そういった人たちにうっかり家電を渡したりしないように気を付けましょう。
彼らは文字通り「ただで」家電を手に入れて、部品を売り払う事で違法な利益を得ているのです。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
▲ページTOPへ戻る